「七夕=夏のクリスマス」論

 「七夕はクリスマスだ」なんていうと馬鹿にされるかもしれませんね。 確かに冗談半分の面もありますが、かなり本気の主張です。 まあ、聞いてください。

 全国的に七夕は新暦で実施することが多いようですね。 特にマスメディア主導の行事は圧倒的にそうなっています。 でも、東北地方の有名な七夕系の祭りなど、伝統的な行事は 「旧暦」か「月遅れ新暦」で 実施することも多いようです。

 そもそも、人日(1/7)・桃の節句(3/3)・端午の節句(5/5)・ 七夕(7/7)・重陽の節句(9/9)という一連の節句行事は、 全て季節感の強い行事であり、旧暦の季節感に合わせた習慣が定着しています。 にもかかわらず、ことごとく新暦で実施するというのは どうかしていると思うのですが、中でも七夕は最も馬鹿げていると思います。

 それは、新暦で1ヶ月早めることにより、 七夕が「梅雨後期の豪雨の真っ最中」になってしまうからです。 天の川を挟んだラブロマンスが語られ、星に願いを託すという行事は、 梅雨が完全に明けた晩夏〜残暑の季節に相応しいものではないでしょうか? 星好きの人達からは、夏の大三角形(織姫&牽星+川の中のオジャマ虫)が 最も美しいのは旧暦(or月遅れ新暦)の七夕の頃だという声も聞きます。 日本で七夕の習慣がこれだけ定着しているのは、この季節感の賜物だと思います。 しかし、現状は、一番良い季節を外し、最悪の季節に当てていますね。

 七夕でもうひとつ馬鹿げた話は、盆との不整合です。 意外に思う人も多いかも知れませんが、 七夕(7月7日)は盆(7月15日)の8日前、 即ち時期的にはセットになる行事です。 ところが、現代日本では盆だけ月遅れにして、 七夕を新暦の時期に取り残してしまう傾向がありますよね。

 盆と言えば正月。二期作の習慣が弥生時代からあった日本では、 盆と正月はセットです。昔は1年に2回年を取ったという話もありますしね。 そうすると、盆の8日前に当たる七夕は、 正月の8日前に当たるクリスマスイブに対応するということになります。 そうなんです、七夕は「夏のクリスマス」なんです。 クリスマス同様、愛を語る夜なわけです。

 こんなことを主張すると、あっちこっちからツッコミが来そうですね。 大体クリスマスなんて明治以降の移入文化だし、 クリスマスイブに愛を語るなんてホンの最近の習慣じゃないか。 盆と正月の対応にしても、やぶ入りの期日(1月16日と7月16日)から考えても 盆は小正月(1月15日)に対応するべきもので、 七夕はむしろ人日(七草:1月7日)に対応するんじゃないか という意見もあるかもしれません。

 まあ、お願いですから、そのへんは細かく突っ込まないでください。 「七夕=クリスマスイブ」って、インパクトが強くて面白い等式じゃないですか。


2002年6月26日WWW公開用初稿/2005年4月8日最終改訂/2012年7月17日ホスト移転

戸田孝の雑学資料室へ戻る

Copyright © 2001,2002 by TODA, Takashi