「悪魔が来りて笛を吹く」の楽曲について

 横溝正史の「金田一耕助もの」の1つである「悪魔が来たりて笛を吹く」では、作品中に登場するフルート曲の内容が重要な要素になっています。 当然ながら、作品を映像化(映画化・テレビドラマ化)する際には、この設定が再現された楽曲になっているかどうかが問題になります。 この問題については、私自身も所属楽団の団内報に載せた内容を公表していますし、NetNewsにおいても、

Message-ID: <551e76$fb3@nws-5000.lbm.go.jp>
Date: 28 Oct 1996 04:52:54 GMT
Newsgroups: fj.rec.tv,fj.rec.music.classical,fj.rec.music.winds,fj.rec.movies,fj.rec.mystery
Subject: Devil comes to play Flute

Message-ID: <enpo56$t26$1@bluegill.lbm.go.jp>
Date: Sun, 7 Jan 2007 03:07:18 +0000 (UTC)
Newsgroups: fj.rec.tv,fj.rec.tv.drama,fj.rec.music.classical,fj.rec.music.winds,fj.rec.movies,fj.rec.mystery
Subject: Re: Devil comes to play Flute
でコメントしています。

 このページの初稿執筆日の少し前に、30年近く見る機会が無かった1979年版の映画が深夜にテレビ放映されるのに気付いたので、録画して見てみました。 その後、ネットで関連情報を検索してみたのですが、この問題、あちこちで話題になっているものの、確かな情報がまとまっている例が少ないようで、正解に到達できていないスレッドが多々見受けられます。 そこで、この問題について改めてまとめ直してみようと思い立ちました。

……とまあ、前置きをダラダラと書きつらねたのは、推理小説としてのネタバレを読みたくない人に、読むのを中断してもらうためです。 この後も、念のため、ネタバレになりそうな表現をなるべく避けて書き進めますが、とにかく読みたくない人は読み進まないように!


 というわけで、このあたりからネタバレになりそうな話題に入りますが、まず前提となる基礎情報を整理しておきます。 ネット上の諸情報によると、この作品は下記の通り映像化されているようです。 (一部映像作品で、家族関係を原作より簡略化したために苗字が違っているものがありますが、全て原作に従いました。)

年代等 \ 配役椿英輔新宮一彦三島東太郎椿美禰子金田一耕助
1954年 東映(?)石井一雄塩谷達夫杉葉子片岡千恵蔵
1977年 TBS系江原真二郎星正人沖雅也檀ふみ古谷一行
1979年 東映仲谷昇(登場せず)宮内淳斉藤とも子西田敏行
1992年 TBS系石濱朗(※)石黒賢西村知美古谷一行
1996年 フジ系渕野俊太(?)赤羽秀之遊井亮子片岡鶴太郎
2007年 フジ系榎木孝明渡部豪太成宮寛貴国仲涼子稲垣吾郎
俳優は、原作でFluteが吹けるという設定になっている3人に、主要登場人物のうち一部映像作品でFluteを吹いている2名(西村知美の美禰子と稲垣吾郎の金田一/ちなみに1992年版の古谷一行の金田一は自分で吹こうとして失敗している)を加えて列挙しました。
※:1992年版の新宮一彦は、エンドクレジットで俳優名が表示されていると思われるのですが、どの俳優がどの配役なのか特定できませんでした。 可能性のある俳優名:小林正季、川上たけし、永田博丈、久一展也

 なお、飯尾豊三郎は椿英輔と同一俳優の二役になるハズの役なので、上表からは除きました。 三島東太郎と飯尾豊三郎の演奏能力については、以下のようにまとめることができます。

三島東太郎にFluteが吹ける理由飯尾豊三郎のFlute吹奏能力
原作全く説明されていない短く鳴らしただけで楽曲は演奏していない
1954年版(未確認)(未確認)
1977年版全く説明されていないが、演奏の巧拙レベルを少し低くしてある楽器を持って現れるだけで演奏はしていない
1979年版全く説明されていない楽器を持って現れるだけで演奏はしていない
1992年版東太郎は表向き椿英輔の息子で、幼時にマトモに習っていた吹くマネだけして物陰で東太郎が吹いていた
1996年版(未確認)(未確認)
2007年版全く説明されていない微妙に難易度の低い、冒頭のみに限った演奏にしてあるが、それにしても異様に巧い

設定通りの楽曲になっているか?

 さて、ここまで読み続けている方は既に御存知のハズですが、作品題名と同じ「悪魔が来りて笛を吹く」というFlute曲は、右手の中指と薬指を失った人物にも演奏可能なように作られているという設定になっています。 確かに、上記の2本は、Fluteを含む多くの西洋音楽の木管楽器の演奏上、失っても最も実害の少ない2本です。 しかし、それでも相当な実害があり、この2本を使わずに済むように作曲するのは困難です。 それゆえ、本当に設定通りで映像化できているかどうかが話題になるわけです。

 先に結論を述べてしまうことにします。以下のようにまとめることができます。

1954年版?(おそらく運指に関する設定を無視)
1977年版ストーリー上は原作通りだが楽曲は違う
1979年版運指に関する設定を無視
1992年版設定のうち、どの指が使えないかを変更
1996年版原作の設定通りの楽曲を使用
2007年版原作の設定通りの楽曲を使用
つまり、原作の設定通りの楽曲が実際に使われているのは最近の2作品のみです。 この両作品では、実際に映像で見せている運指が、多少の時間ズレ等はあるものの、楽曲にキチンと合わせてあります。

 それに対して、1977年版では、原作の設定を踏襲したストーリーを展開しているにも関わらず、使われていた楽曲は原作の設定通りになっていません。 但し、最初の4小節は原作通りの設定で演奏可能で、この部分を演奏する際の俳優の指の動きは、なんとなく正しい運指に近いものになっています。 もちろん、それ以外の部分については、映像上の運指は楽曲と全く合っていません。

 そして、1992年版では、使えない指が「中指と薬指」であるという設定を「薬指と小指」に変えてしまっています。 この場合、楽曲に使えなくなる音が減って、作曲が大幅に容易になるのですが、運指が不正規のものになってしまうという欠陥があります。 つまり、音程制御や楽器支持の観点からは小指を使って奏するべきであるが、小指を使わずに演奏することも可能ではある、という音を大量に使うことになるのです。 この作品では、金田一耕助が実際の演奏を見ていて運指の問題に気付く(自分で確認しようとして巧くいかず困っていたら、下宿していた松月の女将が実は経験者だと判ったので吹いてもらった)という設定だったのですが、当初から小指を使わない演奏(=正しくない演奏法)になっていました。 まず「薬指を使っていない」ことだけ(あるいは、それに加えて「小指は押さえっ放しで動かしていない」こと)に気付き、その後で「小指を全く使わずに演奏することもできる」ことを教えられるという設定なら問題無かったんですが……

 ちなみに、この1992年版では、楽器を吹いているフリをしている場面では運指がメチャクチャで、本当に吹いているという設定の場面では、指をキチンと合わせてあるか、さもなくば奏者の手元を映さないという、細かい芸当を志向した形跡があります。 しかし残念ながら、この芸当が崩れてしまっている部分があります。 これは、東太郎や飯尾豊三郎が仮面をして現れたために正体が判らないという設定にしてしまった副作用です。 つまり、話の流れから言えば仮面をした東太郎が本当に吹いているハズの場面で、運指がメチャクチャになってしまっているのです。 飯尾豊三郎のつもりで撮影したカットを使った結果ではないかとも考えられます。

 なお、1979年版では、楽曲の運指に関する設定を無視しています。 (そもそも、三島東太郎の指が欠けているという設定がありません。) 1954年版は未確認ですが、ネット上で公開されているストーリーの原作からの変え方から考えて、おそらく運指に関する設定を無視しているであろうと推測できます。

 ネット上の論評を見ると、1996年版が、映像作品全体としても、楽曲としても、酷評されている例が目につきます。 映像作品に対する論評はここでは控えておきますが、楽曲に関しては、原作の設定通りのものを(おそらく)初めて実際に作って見せたという意味では、画期的な作品だと言えるのではないでしょうか?

中指と薬指を使わないように作曲するには

 「右手の中指と薬指」が使えないとなると、オクターブ12音のうち連続する3音(レ・ミ♭・ミ)と、少し離れた1音(ファ♯)が使えなくなります(厳密には、高音域のみ「レ」が使用可能で、最高音域のみ「シ♭・シ」が使えない)。 この制限下では、西洋音楽のどの旋法でも、スケールの中に「使えない音」が発生してしまいます。

 ところが、幸か不幸か、西洋音楽のスケールの一部の音を巧く選んで、その音を使わずに旋律を作ると、西洋音楽の和声法に従いつつも、東洋的な「エキゾチック」な雰囲気を表現できることが知られています。 使わない音を巧く選ぶと、非西洋の実際の旋法に近いものが作れるからです。 この手法のうち、日本人にとって身近なものとして「ヨナ抜き」があります。 これは、長音階で主音から見て4度と7度に相当する音、即ち「ファ」と「シ」を使わずに旋律を作ると、邦楽(雅楽)の呂旋法に一致するという技法で、演歌で多用されています。

 ヨーロッパ人が「身近な異邦」である中東あたりの音楽を表現するのに多用されている手法に「ジプシー音階(ハンガリー音階)」というものがあります。 これは、短音階の4度と7度(ラを主音とした場合の「レ」と「ソ」)を半音高くするのが基本とされています。 但し、4度については元の短音階のままで使うこともあります。 理由の一つは7度の方が雰囲気を出すうえで重要だからですが、もう1つの理由として、7度だけを半音高くしたものは、「和声的短音階」と呼ばれる、西洋音楽では「非旋律的」とされていて和声をつけるのにだけ用いられる旋法と一致するので、西洋音楽の技法が使いやすいということもあるでしょう。

 そして、この「半音高くする音」は、1つ上の音に「ぶら下がって付属している」ような性質があるため、この音を使わない形で(もちろん、半音高くする前の元の音も使わずに、つまり両方とも使わずに)、旋法の雰囲気を保った旋律を作ることができます。 そこで、7度の音が問題の「使えない音」に相当するように選べば、与えられた制限下でジプシー音階の旋律を作ることができることになります。 具体的には「ファ」を主音とする短音階、即ち「ヘ短調」にして、「ミ」や「ミ♭」の音を使わずに済ませるということです。 (実はここで「短音階」であることが重要で、「ヘ長調」だと「レ」の音が必要になるので破綻します。 「ヘ短調」の場合は「レ♭」を使うので問題ありません。)

 実際、1996年版、2007年版とも、作品中で使われていた楽曲は「ヘ短調のジプシー音階」で書かれています。

 原作では、この楽曲のことを形容するのに、ジプシー音階に基づくFlute曲として有名なハンガリー田園幻想曲(ドップラー)を引合いに出しています。 原作者には、上述の理路が理解できるほどの音楽理論の知識は無かったようですが、感覚的に理解できていたのかもしれません。

原作への楽譜掲載断念の経緯をめぐって

 原作は元々は雑誌連載で発表されたものですが、その際、設定に見合った曲の楽譜を掲載しようとしたようです。 ところが、三島東太郎の欠けている指を誤って左手と書いてしまい、連載途中で訂正するわけにもいかず、掲載を断念したのだとか。 「左手の中指と薬指」が使えなければオクターブ12音のうち連続する4音(シ♭・シ・ド・ド♯)のみが使えて他は使えない状態になってしまい、これでは効果音的な曲しか作れません。 ちなみに、雑誌連載終了後に単行本として出版し直した際には、この誤りは訂正されたようです。

 この経緯は、雑誌上の対談でもコメントされていたようですが、その内容を引用しているページによると、左右が全く逆の話になってしまっているようです。 もちろん、全てが逆になっていれば結果的には話の辻褄が合ってしまうわけで、それゆえに誤りに気付かなかったのでしょう。 正しくは「“左”と誤ったのを“右”に訂正せねばならなくなった」のです。

 誤りが訂正されないままになっているという情報をネット上で見かけましたが、明らかにガセネタです。 現在出版されている文庫版では正しくなっています。 このような情報が流布している原因に、上述した対談での正誤の取り違えがあるかもしれません。 取り違えた正誤を現行版と比較して「未訂正」であると判断した可能性が考えられるからです。

作曲者などに関する情報

 1979年版の冒頭クレジットでは演奏が植村泰一だとしか判りませんが、音楽全般の担当としてクレジットされている山本邦山が、問題の楽曲の作曲も担当したようです。 ちなみに、この演奏者は、原作者が雑誌連載時に楽譜を掲載しようとして相談し、左右の誤りを指摘された相手だそうです。

 1977年版や1992年版では、音楽全般の担当として各々中村八大と津島利章がクレジットされています。 問題の楽曲の作曲も担当したかどうかは明らかではありませんが、可能性は高いでしょう。 なお、1992年版には「フルート演奏=旭孝、フルート指導=藤山明」というクレジットもあります。 指導というのは俳優に対する指導なのでしょう。 ちなみに、1977年版では、本来のフルート独奏の他に、伴奏つきのバージョンや他の楽器が旋律を奏するバージョンを多種作って、効果音として多用しています。

 1996年版については、当初放映の際に、私自身が作曲者に関する情報を見逃した(事情があって録音だけして録画しなかった)のでNetNewsで情報を求めたところ、録画したという方から、エンドクレジットに「音楽=石田勝範、選曲=塚田益章、フルート指導=飯島茂則」との記載があったという回答をいただきました。 「選曲」という役割があるのが、ある意味で謎ですね。 まさか、問題の楽曲が既存曲の流用ということは無いと思うのですが……

 2007年版では、音楽担当としてクレジットされている佐橋俊彦が問題の楽曲の作曲も担当したようです。 別稿でも言及しているように、番組テーマや効果音としても多用しており、かなりの精力を注ぎ込んだ作品のようです。 ネット上に2007年版に演奏指導で関わった人に師事している人の日記がありました(1年以上経過すると翌年の日記で書き潰すようですが、このページの初稿執筆段階ではgoogleのキャッシュに残っていました)。 作曲者直筆の写しを見せてもらったとのことですが、異名同音(おそらく中間部の半音進行に出てくる分でしょう、私も聞き取りを試みた際に書き方を迷いました)を細かく書き分けたり、かなり繊細に作られているようです。


2008年1月22日初稿/2009年1月14日最終改訂/2012年7月17日ホスト移転

戸田孝の雑学資料室へ戻る

Copyright © 2008 by TODA, Takashi