通算第257回(2018年3月号)

 来月の演奏会で4月なのに「たなばた」を演奏するのは変だという声があるので、暦の話を少々。

第40講:暦の話(第1回)

 「たなばた」を演奏する演奏会の日について色々調べてみたところ、イスラム暦だと何とか7月に入ることが判りました(宗派や地域による1日程度のズレがある可能性はあるが、概ね7月29日)。 しかし、イスラム暦の7月7日に七夕に相当する行事があるとも思えませんし、かなり無理のあるコジツケですね。

 そもそも暦とは何でしょうか。 それは「生活のリズムをとるための基準」と呼ぶことができると思います。 そして、その基準として、古来から「季節の移り変わり」と「月の満ち欠け」が利用されました。 ところが季節と月では周期がうまく合わず、両立に苦労してきたのです。 そのため、季節と月の一方だけを重視して他を無視する暦もあります。 例えば、現代の暦は満ち欠けを無視して季節だけで決めています。 「月」という単位は、長さが月の周期に近いというだけで、タイミングは合いません。

 それに対して、イスラム暦は季節を全く無視して月の周期だけで決めています。 つまり、季節と暦の対応が少しずつズレていくのです。 1年の長さも約354日と少し短くなります。 イスラム暦の元年(ヒジュラ紀元)は西暦622年なのですが、この差も徐々に短くなり、209世紀には西暦を追い越してしまう計算になります。

 一方、日本を含む東アジアでは、少し複雑な規則で季節と月を両立させた暦を使ってきました。 具体的には、月の満ち欠けで決めた「月」が季節とずれてきたら、「閏月」と呼ばれる余分の月を挿入して調整するというものです。 現在でも「旧暦」と呼ばれて部分的に使われている暦です。

 七夕など「何月何日」と決まっている行事の多くは、現在では現行の暦(新暦)で行われることが多いようですが、本来は旧暦の日付で行われてきたものです。 中には新暦では季節感などの条件が合わないものもあり、七夕もその1つだと指摘されています。 ちなみに今年の旧暦での七夕は新暦では8月17日(合宿が予定されている前日)です。 このあたりの話も順に見ていきたいと思います。



通算第258回(2018年4月号)

 桃の節句や端午の節句の時期ですので、その関連を見ていきたいと思います。

第40講:暦の話(第2回)

 桃の節句は3月3日ですが、この時期に桃の花はあまり咲いていません。 少し早いんですね。 端午の節句を象徴する菖蒲も5月5日では早過ぎます。 路地ものでは調達できず、ハウスものが使われているそうです。 しかし、旧暦なら何れも季節感が大体合います。 長年行われてきた伝統行事が元になっているのですから、当然と言えば当然ですね。

 では、なぜ季節感を無視してまで「新暦の同じ日付」で実施するのでしょうか。 どうやら明治改暦の状況に原因があるようです。 明治5年(1872年)の旧暦から新暦への切替は、かなり強引に行われました。 背景には明治新政府の財政事情があったようです。 翌年が旧暦では「閏年」つまり13ヶ月ある年だったので、月給の支払が1ヶ月分多くなるのを避けるために、どうしてもその年のうちに改暦が必要だったというのです。

 何の準備も無く、一片の命令だけで突然変えるというのですから、当然大混乱が起ります。 当時の百姓一揆は要求項目に「暦を元に戻せ」というのが入っているのが多かったそうです。 しかし、明治新政府は「西欧列強に対抗していくために必要」という大義名分を掲げて力づくで押し切りました。 その一環として、年中行事を新暦で実施することも徹底させたようです。 その結果、意味を深く考えずに新暦の日付に単に移す事例が多々発生して、いろいろと変なことになってしまったのです。

 しかし、中には単純に新暦の日付に移さなかった行事もあります。 その典型例が盂蘭盆会(うらぼんえ=お盆)です。 本来7月15日なのですが、8月15日の実施が一般化しています。 7月の方を「新盆」8月の方を「旧盆」と呼ぶことが多いのですが、不正確な表現です。 「旧盆」は旧暦の7月15日を指すのが本来でしょうが、新暦の8月15日とは約30年に1回程度しか一致しません。 8月15日のことは「月遅れ盆」と呼ぶべきです。

 なぜ盂蘭盆会に限って月遅れが定着したのか、よく判らないのですが、どうせなら桃の節句や端午の節句も月遅れにしてしまえば良いのにという気もします。 でもそんな気運はありませんね。 月と日が同じ数字というのが解りやすいからでしょうか?



通算第259回(2018年5月号)

 新暦だと年中行事の季節感が狂うという話を、もう少し考えてみましょう。

第40講:暦の話(第3回)

 農業には旧暦の方が適しているという説があります。 しかし、この話は多くの場合、コトの本質を完全に見誤っています。 確かに、旧暦が「月の満ち欠け」に基づいていること、例えば新月の時期と満月の時期で夜の明るさが違うことが影響することもあるでしょう。 しかし、多くは新暦と旧暦が「約1ヶ月違う」ことが本質と考えられます。 旧暦の4月に実施するのが良いと伝承されている農作業を新暦4月に実施したら巧くいかないに決まっています。 それは月遅れで新暦5月に実施せねばなりません。

 それどころか、農作業など季節感が重要なモノゴトに旧暦は不都合が大きいのです。 月の周期と季節の周期がピッタリ合わないことが原因で、旧暦の月の季節感には約1ヶ月の「振れ幅」が発生し、一定しないからです。

 ではそもそも何故、新暦と旧暦は「約1ヶ月違う」のでしょうか。 これは別に難しい話ではありません。 単に年始のタイミングが違うというだけのことです。 すると「年始のタイミング」は何で決まっているのかという疑問が湧きます。

 季節変化があるモノというものを色々考えてみると、やはり「冬には活動が鈍る」モノが多いでしょう。 つまり1年の区切りを「冬のあたり」に持ってくるのが自然な感覚なのです。 しかし、冬のどこを年始とするかには選択の余地があるでしょう。 世界の色々な暦をみると、冬至・立春・春分のどれかを年始とするものが多いようです。 冬が極まったら新年とするのか、冬が過ぎてしまってから新年とするのかという選択ですね。 そういえばビバルディの「四季」は春から始まり、グラズノフの「四季」は冬から始まります。 そういう類の選択肢なわけです。

 新暦の新年のタイミングは謎で、かつて冬至と考えられていた日(実際の2日後)の「1週間後」という妙な設定になっています。 一方、旧暦の新年は「立春付近の新月」です。 冬至から立春までは約46日なので、1週間+2日差し引くと37日、つまり「1ヶ月強」です。 新暦を月遅れにすると旧暦に合うというのは、ここから出てくるわけです。



「だから何やねん」目次へ戻る

Copyright © 2018 by TODA, Takashi